【エアークローゼット】で頼んだ服って実際ひどいの?サービスを深掘りして解説します!

【エアークローゼット】を頼んだ服って実際ひどいの?エア-クローゼット

時代の流れや技術の進歩によって、近年ファッションレンタルサービスというものが登場しました。様々な会社がこのサービスを提供していますが、今回はその中でも「エアークローゼット」に注目していきます。「ダサい服が届いた。ひどい!」などといったかなり否定的な口コミも見かけるエアークローゼットですが、実際のところどうなのかについて解説していきます。

エアークローゼットを無料会員登録する

エアークローゼットのサービス概要&特徴

「そもそもエアークローゼットって何?」という方もおられるかもしれませんのでそんな方のために、まずはエアークローゼットの概要について説明していきます。

エアークローゼットとは、自分に合うコーディネートをスタイリストが選び、自宅に届けてくれるというものになります。料金プランは現在「ライト」と「レギュラー」の2つがあります。それぞれのサービスの違いは以下の通りです。

プラン説明

■ライトプラン

  • 月額6800円で利用可能なタイプでレンタル上限が月に一回(3着まで)と設けられています
  • 自分がレンタルした服が気に入って購入したいと感じた場合であってもライトプランではそのまま購入することは不可能
  • 借りた服が汚れたり穴が開いたりといった場合の費用にかかわるあんしんレンタルサポートはライトプランには付いていません。

■レギュラープラン

  • 月額9800円とライトプランより3000円高い料金設定である分、レンタル上限が設けられていない、気に入ったレンタルアイテムを購入することが可能
  • あんしんレンタルサポートが付いている、と様々な点でライトプランよりもサービス内容が充実しているものとなります。

<エアークローゼットの難点>

上記のサービス内容を見る限り、十分にファッションを楽しむことができるように思えますが、なぜ「ひどい」などの否定的な口コミが見られるのでしょうか?

エアークローゼットの口コミを分析してみるとエアークローゼットの主な難点は以下のようにまとめられると思います。

  • 料金のわりに、あまり有名でないブランドの商品が届くことがある。
  • ダサいあるいは低品質の洋服が届くことがある。
  • レンタルや交換をしようとするたびに毎回、送料として300円取られる。
  • 購入しようと思ってもリユース洋服にしては高い
  • 毎回届いたコーディネートの感想を送る手間が面倒
★一言メモ★
やはりコスト対効果といったところが大きなポイントになるようです。それなりのお金を払っているのにもかかわらず送料は利用者負担ですし、時折「このコーディネート、ダサくないか」と思うような洋服が届くこともあります。自分好みのコーディネートが届くようになるためには毎回届いた洋服の感想をフィードバックする必要がありますが、これがかなりの手間であることも大きな難点です。これらがエアークローゼットを退会された方の主な原因となっているのではないでしょうか。

<エアークローゼットと他社のファッションレンタルサービスの比較>

では同じようにファッションレンタルサービスを展開している他社と比べてエアークローゼットがどうなのかという相対評価的な考え方をしてみましょう。今回は比較対象として、SUSTNA、EDIST.CLOSET、Brista、を選びました。

SUSTINA

  • まずはSUSTINAと比較していきましょう。エアークローゼットとの大きな違いはやはり料金設定でしょう。様々なプランがSUSTINAには用意されていますが、両社のサービス内容が同等のプランと比較するとその安さには驚きます。ただし、SUSTINAのラインナップはリユース商品が多く狙っているようなアイテムが少ないと感じることもあるかもしれません。また良くも悪くもSUSTINAは自由な組み合わせでレンタルする洋服を決めることができます。自分で選ぶ手間を面倒と感じない方であれば、エアークローゼットのように届いた服がダサいと感じるといった問題はないのでSUSTINAのこの仕組みは利点と言えるでしょう。

EDIST.CLOSET

続いてEDIST.CLOSETと比較します。EDIST.CLOSETではスタイリストがあらかじめコーディネートを組んでいて、その既に組まれたコーディネートの中から気に入ったものを選んでレンタルするという仕組みになります。一見エアークローゼットと同じに見えるかもしれませんが、届く前にコーディネートを確認してからレンタルできるのかどうかという点で全く別物のサービスと言えるでしょう。

Brista

最後にBristaとの比較になります。エアークローゼットの口コミに低品質な洋服が届くことがあるというものがありましたが、Bristaではそのような問題は生じません。毎月の料金設定はエアークローゼットに比べやや高いBristaですがその分、取り扱っているブランドがファッションレンタルサービスにおいては比較的高級なものばかりです。ビジネスシーンで着る洋服のレンタルを考えている方などであれば、「職種によってこの系統の服は違うな」という感覚をお持ちでしょう。そんな方もBristaを利用すると価格帯的にもビジネスシーンに適した洋服のレンタルができることが多いと思います。

まとめ

エアークローゼットはスタイリストが自分に合った洋服を「推測」して選んでくれるので自分で選ぶ必要がありません。ですので、忙しくて洋服選びの時間がない、洋服選びのセンスに自信がないというかたはエアークローゼットを利用されて満足できると思います。
しかし、「届いた服が自分の感覚的にダサくて着たくない」といった問題を避けたい方は、エアークローゼットではなく自分の使用シーンや各サイトの特徴を考えてターゲットをより絞っている他社サービスに移行することを検討してみた方がいいでしょう。

エアークローゼットを無料会員登録する

コメント

タイトルとURLをコピーしました